或るあんガル好きのポケモン日記

あんガルに感謝 (ポケモンの構築記事です)

インターネット大会「竜王戦予選」使用構築-トリル月食ネクロズマ軸- 最高1708最終1692(89位)

竜王戦お疲れ様でした。禁止伝説が使えるということで参加しました。

 ルールは幻×,禁伝1体までok,過去作産okのシングルバトル。

  

パーティ紹介

f:id:sakukawa1791:20171213210741p:plain

QRレンタルチーム登録したので、興味のある人はどうぞ

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-1F66-4D85

 

構築の経緯

発売前から気になっていた月食ネクロズマを使おうと思ったのが始まり。種族値をみるとSがネクロズマ準拠で遅いこと、ネクロズマ自身がトリルを覚えること、またGSルールは基本的にSラインが上がるため環境的にもトリルは刺さることから、トリックルームを軸に構築を考えることにした。

ネクロズマルナアーラと違いムーンフォースを覚えないため悪タイプに対する打点が全くない。そのため取り巻きは悪に強いポケモンで揃えることにした。

またネクロズマは霊に一致で弱点をつけるが同時に霊は4倍弱点であるため霊対面で上から殴られるという事態は避けたい。常にトリルが貼れる保障はないし、ギルガルドとのS関係は相手のS調整に依存してしまうので、霊(特にギルガルド)に安定して受け出しができるポケモンは必須だった。今回はブラッキーを採用した。

最後にネクロズマで抜いていく際に障害となる襷を潰すためにステロを撒けた方がいいと思った。またここまでで地面の一貫があったため、浮いていてステロを撒ける駒を入れることにした。ゲンシグラードンを一撃で倒せることに魅力を感じ、力尽く化身ランドロスを採用することにしてパーティが完成した。

 

 

個別紹介

 

月食ネクロズマ(あかつきのつばさ)

f:id:sakukawa1791:20171213221504j:image

種族値:97-113-109-157-127-77)

性格:冷静
特性:プリズムアーマー(効果抜群の技のダメージを3/4にする。型破りの効果を受けない)
持ち物:ルナアーラZ
実数値:203(244)-×-131(12)-229(252)-147-73(S個体値0 最遅)
技構成:フォトンゲイザーシャドーレイ、プリズムレーザー、トリックルーム

意地ミミッキュのかげうち:81~99(39.9~48.7%)

控えめテテフのシャドーボール:123~147(60.5~72.4%)

 この構築の禁伝枠。かっこいい。

禁止伝説中最も低いSを活かしたトリックルーム型。トリル下で一貫性の高い高火力霊技を押し付けていく。

同じS種族値の日食とは霊技の一貫性の高さで、同タイプのルナアーラとは火力と素早さで差別化が可能。ルナアーラにはファントムガードという有能な特性があるが、プリズムアーマーも十分有能で少し削れた状態でもかげうちや不一致シャドボを耐えられるのが偉い。

努力値構成はほぼHC特化。エースのため火力はぶっぱ、H奇数調整でかげうちの被ダメを少しでも減らすために余りはBに。特に問題はなかった。

技構成は一致技のフォトンゲイザーシャドーレイ、コンセプトであるトリルは確定。ラストの枠には専用技で威力160命中100と破格の性能をもつプリズムレーザーを入れてみた。しかし思ったより使うところがなかったので、ナットやカグヤ意識で熱風に変えるべきだった。もしくはポリ2相手にも多少足掻ける瞑想か(イカサマ所持率が高いのでかなり怪しいが)。ZなしだとHDカグヤに完全に受けられるとは思わなかった。

禁止伝説ということもあって火力も高く、耐久もあるので使いやすかった。後述のミミッキュを使わずに自分でトリルをはって全抜きという試合も少なくなかった。

ただ前述したがネクロズマルナアーラと違ってムーンフォースを覚えず、気合玉も馬鹿力も使えないので悪タイプに何もできないのが残念なところ(最高打点がシグナルビーム) 今回の大会ではネクロズマ対策として悪タイプを入れているパーティが非常に多く、それらを後述のポケモンでどう対処できるかで勝敗が決まる試合が少なくなかった。悪が2体以上(ギャラ含む)いるパーティには選出しないよう心掛けた。

ちなみに火力の目安はムーンライトブラスター(ルナアーラZ)でH252ゲンシグラードンディアルガが落ちる程度。ステロ込みだと素のCSカイオーガを落とせる。

 

 

ミミッキュ

f:id:sakukawa1791:20171213221612j:image

性格:勇敢

特性:化けの皮
持ち物:ミミッキュZ
実数値:161(244)-156(252)-102(12)-×125-90(S個体値0 最遅)
技構成:じゃれつく、道連れ、呪い、トリックルーム

 道連れ持ちトリルミミッキュ。陽気メガギャラの竜舞滝登りの乱数が動くので余りの努力値はBに回してる(244-12ふりで最高乱数以外耐える)

確実な行動保障のあるトリル要員として採用。非常に使いやすかった。流石環境トップ。

基本的にはトリルを貼って道連れや呪いで自主退場し後ろのネクロズマに繋ぐ。

正直道連れは実際に使うまで半信半疑だったが基本読まれることはなく、高火力が飛び交うGSルールにおいてはとても使いやすかった。

道連れ、トリル、呪いと化けの皮のお陰でトリル以外のギミック系パーティ(バトン等)には負けた試しがなく完全にカモだった。

またネクロズマが苦手な悪をミミッキュで削れたかったので攻撃技はじゃれつく。そして持ち物は最高火力を出せるミミッキュZ。レックウザ対面で技外しの負け筋を潰したり、高耐久悪を突破するために採用した。だがZ持ちが2体いることになるため、どちらのZを使うかはちゃんと考えなければならない。ここは改良の余地があると思う。

また霊の攻撃技を切っているためミミッキュミラーには弱い

 

 

メガゲンガー

f:id:sakukawa1791:20171213221645j:image
性格:臆病
特性:のろわれボディ→影踏み
持ち物:ゲンガナイト
実数値(メガ前) : 167(252)-×-81(4)-150-95-178(252)

実数値(メガ後) : 167(252)-×-101(4)-190-115-200(252)
技構成:シャドーボール、ヘドロ爆弾、道連れ、トリックルーム

 シーズン3で世話になったのと同じ個体。トリルを使えるメガ枠、そしてネクロズマとタイプが被っているため、ネクロズマが苦手とする悪を道連れで強引に持っていき、ネクロズマの一貫を作れればいいなという思いで採用した。しかし実際にそう上手くいくはずもなく、この枠は変更の余地がある。使ってみてわかったのだが、トリル役は上の二体で十分であるためトリルを使えることに固執する必要はなかった。

とはいえ単体性能は高く、活躍してくれた試合も少なからずあった。

 

 

アシレーヌ

f:id:sakukawa1791:20171213221707j:image

性格:控えめ
特性:激流
持ち物:拘り眼鏡
実数値:167(92)-84-124(236)-185(180)-136-80
技構成:うたかたのアリアムーンフォースサイコキネシスアクアジェット

 一年前ムーンの世界を一緒に旅した相棒。偶然にも控えめだったので王冠を使って対戦でも使えるようにした。

ネクロズマが弱い悪に強いトリルエースとして採用。突破力を上げたかったので眼鏡を持たせた。技に関してはアリアとムンフォ以外はうたなかったが、めざ炎はあった方がいいと思う(厳選する時間がなかった)

また努力値調整は確かメガルカリオのインファ二耐え調整だったはず。今はコメパンを習得したのであまり意味をなさないので変えた方がいいと思うが変える時間がなかった。火力が足りてないときがあったのでできればC特化にしたいところ

水フェアリーの優秀さは伝説戦においても健在で、アシレーヌで3タテした試合も少なくない。ただゲンシグラードンには何もできないため注意する必要がある。アシレーヌ強いのに一度も見かけなかったのはこれが原因かもしれない。

 

 

ブラッキー

f:id:sakukawa1791:20171213221723j:image
性格:図太い
特性:精神力
持ち物:食べ残し
実数値:202(252)-×-178(252)-×-151(4)-85
技構成:イカサマ、欠伸、願い事、守る

 霊悪に強く後出しが可能で欠伸で多少のごまかしができるので採用した

(癒しの鈴等状態異常回復技を持っていれば)ギルガルドに後出しが安定するポケモン(剣の舞ハガネZ非考慮)。元々は入れるつもりだったが変える時間がなかった。とはいえ願い事守るのおかげで勝てた試合は少なくなく、しかもギルガルド自体ほとんどマッチングしなかったので、この技構成でよかったと思う。

剣舞せいなるつるぎガルドやハーブゴッドバードイベルタルを警戒してHB特化を採用した。実際にこの二体にはマッチングしなかったが、メガギャラやガルーラの相手をすることができたのでよかったと思う。

特性に関しては物理受けに特化するなら精神力でいいと思う。メガギャラやドリュに意味をなさないのは残念だが、怯みの事故を防げるのは大きい。ただシンクロにすると対耐久性能が上がるので一長一短

選出した試合は必ず活躍してくれたので、もっと選出してあげればと後悔している。

 

 

ランドロス(化身)

f:id:sakukawa1791:20171213221737j:image
性格:控えめ
特性:力尽く
持ち物:きあいのタスキ
実数値:165(4)-×-110-183(252)-100-153(252)
技構成:大地の力、ヘドロウェーブきあいだまステルスロック

 ステロを撒けて地面の一貫を切れる駒として採用。一年ほど前、S2のスペシャルで使おうと思って厳選育成したにもかかわらず結局使わずボックスで眠っていた。こうして陽の目を浴びせられてよかった。

霊獣ランドロスとの差別化はゲンシグラードンをワンパンできること、これに尽きる。

力尽くランドロスは5世代でしか入手できないため今の通常レートでは使用できない。そのせいか化身ランドロスを知らなそうなトレーナーがちらほら見受けられた(鬼火を入れてきたり(一応化身でも岩雪崩を採用することはあるので一概にはいえないが、相手の裏に岩が刺さっていたわけではなかったので純粋に物理型を警戒したのだろう)思考時間が長かったり)

力尽くランドロスは臆病命の珠が主流だと思うが、今回は控えめタスキで使用した。タスキのおかげで行動に余裕ができて試合展開が楽になることが多かったので、これで正解だったといえる(そもそも霊獣ランドにタスキ持ちが一定数いることから化身でも同じことがいえるはず)

ただしそのかわりに強化アイテムを持てなくなったので、少しでも火力を補うため性格は控えめにした(本当は臆病が全然出ず控えめで妥協したため…) 最初は仕方なくの採用であったが、実際に使ってみると準速にした代償よりもC特化にしたメリットの方がとても大きく、控えめで正解だったと思った。

基本的には先発に投げてステロを撒くのが仕事だが、地面の一貫がいいパーティには後ろに控えさせて大地の力を押し付けていくエース運用をした試合もあった。

技構成に関してだが、一致技の大地の力、ステロは確定。残りの二枠は選択だが、今回はフェアリーへの遂行技であるヘドウェ、悪やナットレイへの打点となるきあいだまを採用した。しかし強化アイテムをもっていないのでテテフもナットも一撃では倒せない。しかもきあいだまは外しのある技なのが難点であった。ある実況者さんは撃ち落とすを採用してテッカグヤにも勝てるようにしてあり、なるほどと思った。

 

 

総評

今回の大会ではネクロズマの使用率は高かったがほとんどがウルトラネクロズマでの採用で、そういった環境にトリル月食ネクロズマはよく刺さっていたと思う。

反省点としてはネクロズマのプリズムレーザーの枠の変更、Z枠の検討、メガゲンガーの枠の改善、めざ炎アシレーヌの厳選、ランドロスの技構成をよく考えること。選出としてはブラッキーをもっと積極的に出していくべきだったこと。このくらいだと思う。

また最初の方はパーティの動かし方がよくわかっていなかったので、そこら辺も精進していきたいと思った。

 

久々に伝説戦ができてとても楽しかったです。(今度はもっと時間に余裕を持たせてほしいですけど) また伝説ルールの大会等があれば必ず参加するつもりですので、よろしくお願いします。

ポケモン関係ないですが、いよいよ明後日からあんガル最終イベント始まりますね。最後まで全力で楽しみたいと思います。

 

何かありましたらTwitter(@deltoraquest123)までお願いします。

 

 

戦績

竜王戦予選
1勝ち
2負け ルナアーラにボコボコにされた
3勝ち トリルネクロズマが刺さった。多分ランドロスのダメ的にスイクン火力ないからドロポン外しは関係ない
4勝ち ウルトラネクロズマメガゲンのシャドボでワンパンできた(低乱数)ガルーラをブラッキーで倒せた
5勝ち 置き土産ゾロアーク始動イーブイバトンギャラドス、呪い道連れトリルミミッキュで勝ち
6負け 滝登り怯みでミミッキュ突破されてメガギャラで3タテ
7勝ち 初手ネクロズマでテテフ倒しつつトリル+アシレーヌで勝ち
8勝ち ミミッキュでランドを道連れし、ブラッキーで詰めて勝ち。イベルの選出予想を当てたのがでかい
9勝ち クレセ対面でトリルからのネクロズマで崩してファントムガード潰れたルナアーラブラッキーで勝ち 毒で削れたネクロズマミミッキュのかげうち耐えたのが偉かった
10勝ち ガルドが最速起きしなかったのがでかい。ブラッキーに癒しの鈴なりリフレッシュなり毒回復覚えてれば関係なかった。てかブラッキーが刺さってた
11負け グラードン切った選出したら出てきて負け。ミミッキュにも翻弄される
12勝ち メガゲンで二体もっていってネクロズマで勝ち
13勝ち ミミッキュ最速起きでトリル貼ってネクロズマで勝ち そもそもネクロズマが二回で起きてたら勝ってた(後から気付いたけどトリルターンの関係で最速起きは負けてた)

ここで1603

14負け ミミッキュで荒らされてグラードン+バルジーナで負け
15負け 最遅ゲンシカイオーガとHDテッカグヤで負け

16勝ち トリル下ネクロズマで勝ち。トリルターンギリギリだった。
17勝ち トリルとステロが上手く刺さった。

ここで1601

18負け ナットレイにボコられた
19負け トリルターン稼がれた
20勝ち トリルネクロズマで3タテ
21勝ち 炎Zレックウザ。トリル道連れミミッキュがいい仕事した
22負け イカサマメガクチート
23勝ち ナットに大地急所がでかい。持ち時間残り3秒だった

24勝ち ネクロズマがカグヤのラスカ+グラードンの炎のパンチ耐えて勝ち
1608
25勝ち じゃれ外しがでかい。もし当たってたらミミッキュの道連れを上手く決めないといけなかった
26負け ポリ2突破できず。なんども交代読みチャンスを逃した
27勝ち 残飯ソルガレオに全部持ってかれて覚えてない
28勝ち 交代読み交代が冴えた。上手く化身ランドを通せて勝ち
29負け ネクロズマ出さなかったらネクロズマ舐め舐め選出された。トリル下だったらクチートから動いてアシレーヌの激流発動することに終わってから気づいた
30勝ち トリルを上手く使えた。トリル下でルナアーラを落とさせてくれたのがでかい

1628

31勝ち ランド交代際の宿り木よけがでかい
32勝ち じゃれ外しや同速負け等不運もあったが、ランドロスの襷のおかげで立ち回りに余裕ができた。メガゲン活躍した
33負け メガゲンを上手く扱えなかった。ポリ2カイオーガ無理
34勝ち チョッキボルト対面でネクロズマがトリル貼って3タテ。初手の襷ランドが活きた。
35勝ち トリル下でネクロズマに引いたタイミングで何故かミミッキュに下げてきたのでそのまま3タテ
36負け とんぼ返りバルジーナで負け
37負け ステロ挑発グライオンに荒らされメガギャラで全抜きされた
38勝ち ウルトラの可能性考慮してなかった。ベトンを雑に切ってくれたのがおいしかった。ミミッキュじゃれ外さなかったの偉い
39負け フェローチェ+メガクチート。トリルターンの管理ができなかった
40勝ち 眼鏡ミュウツーを全く考慮していなかった。アシレーヌで全抜きできたからよかったものの
41勝ち 最遅ミミッキュミラーで(相手のトリル含めず)2回とも先攻だったの強すぎた(結局関係なかったけど)
42勝ち ブラッキー選出されなかったのでトリルネクロズマがささった。初手にメガゲンがグラードンを道連れしたおかげで考えやすかった
43勝ち 電磁波呪いミミッキュ+壁置き土産ラティオス+Zゼルネアス。こういうギミック系には負けない
1692
44勝ち メガギャラ最速起きしなかったのとルナアーラの催眠かわしがでかい。ブラッキーひるまなかったのも
1708
45負け 気合玉外し。これに尽きる

30勝15敗 勝率66%

最高1708最終1692 (5917人中89位)

 

 

追記

ネクロズマの火力目安に誤りがあったので訂正、及びランドロスに関する記述を追加(12/14)

タイトルに"月食"を追加(12/24)